トップページ
お知らせ
卵黄エキス
ピヨピヨクリーム
●e-mail
2箱から送料無料  1箱送料 270円
税込価格で表示しております

 

 
>>>ピヨピヨクリームのページへ

ピヨピヨ豆知識    
角層(角質層)というのがあります。s
ここがお肌の状態が良い、悪いを表現しています。
この角層は非常に薄いものですが外部からの物質や微生物の侵入を防いでいる最前線です。角層は何層かに積み重なっています、この構造が外部から体を守り、水分の保持をしています。
角層は無構造な細胞ですが下方から上へ移動していくあいだに一部がタンパク質から分解されていき水に溶けるアミノ酸になります。このアミノ酸が肌のやわらかさ滑らかさを保つ働きをします。
乾燥してかさかさとしたむけおちるような肌はこのアミノ酸が少なくなっています。
汗の成分などやアミノ酸を含んだこのような低分子の水溶性物質をNMF(ナチュラルモイスチュアライジングファクター)といいます。
 

「かかと」などの皮膚を少し切り取り放置すると木の削りカスのように硬くなります。
これに油を塗っても柔らかくなりませんが、水と油を成分に持つクリームや水分を再度与えると軟らかくなります。お風呂あがりの肌は角層が水分を吸収するため柔らかくなりうるおいを感じます、角層の層が厚い部分はそれだけ水分を多く吸収してシワシワになることはよく経験します。(お風呂上がりの水分たっぷりのうるおいお肌は20分くらいで入浴前の状態に戻ります)

かゆい部分をひっかいて、かきむしったりすると角層に傷をつけたことになります。雑菌がその部分につくと炎症を起こすこともあります。私たちの体は角層という薄い膜がコーティングされており、体の水分を保ち、外部からの微生物や物質の侵入から守っているということです。

 
 

健康な肌でも洗剤などで角層の細胞間脂質が溶かされると水に溶けやすいアミノ酸も水に溶けだすため手荒れが起こります。水仕事のあとは保湿クリームなどでお手入れすることが大切です。夏場はなんともなくても、乾燥する季節になると角層が厚い部分はアカギレになり、薄い部分はヒビになります。季節を問わずお手入れが必要です。

冬になると背中、腰、脚がかさかさになってかゆくなることがあります。
「病院に行ったら老人性乾皮症といわれてガックリしたわよ」という方もあるのではないでしょうか。思春期前の子どもにも同じような体のかゆみがでることがあります。
これらは体から出る皮脂が少ないせいだとされています。
高品質の保湿クリームを使うことでかゆみが軽減することもあります。
ちいさなお子さんの場合、乾燥してかゆくなるとかきむしってホンモノの炎症(皮膚炎)を起こすこともあります。
そうなる前にピヨピヨクリームでのケアをおすすめしています。

 
 

皮膚呼吸
体全体に油などを塗ると皮膚呼吸ができなくなると、聞いたことはありませんか。
これは間違いです。油が水分の蒸散を妨げ熱を逃がさなくなるため体温が上昇します。このため気温や温度が高い環境では熱中症がおこりやすくなります。気分が悪くなったり倒れたりするため皮膚の呼吸ができないからだと思われたのでしょう。

皮膚からの水分蒸発
経表皮水分蒸発といいます。
汗をかかなくても1平方センチメートルから1時間に5ミリグラムくらいの水分が蒸発しています。


  ------- 素肌の保湿成分(NMF)の組成-------  
  NMF....天然保湿因子(成分)は角質層の水和性(保湿と吸湿)を調整して角質層の保湿と皮膚の健常性を保つ役割をしています。  
アミノ酸 40.0%
PCA(ピロリドンカルボン酸) 12.0
乳酸塩 12.0
窒素・尿酸・グルコサミン・クレアチン 1.5
クエン酸 0.5
ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム 18.5
尿素 7.0
リン酸・塩素糖・有機酸・ペプチド・他 8.5
  NMFの主成分はアミノ酸とPCAです。
NMFに取り込まれた水分は「結合水」と呼ばれマイナス20℃でも凍りません。NMFはアミノ酸やPCAなどの成分が水と結合した状態で皮膚にうるおいを保っています。
 
  NMFは約40パーセントがアミノ酸です。このアミノ酸は血液によって運ばれるものではなく表皮層細胞が死んで角層細胞になるときに分解されてアミノ酸になります  
  お肌が正常な時はターンオーバーも正常に働きますが、荒れたお肌では周期が狂い分解が完全にできないままになるのでお肌のアミノ酸..NMF..の組成がおかしくなり保水できずカサカサの肌になるようです。
肌荒れしやすい人は、角層のアミノ酸が明らかに不足している状態です。
 
たまごの殻に含まれるコンドロイチン-4-硫酸、デルマタン硫酸などの多糖類はPCAに匹敵する保湿力をもっています。
 

参 考
 
  セルサイクル 基底層で細胞が分裂して、しばらく休みまた、分裂を繰り返す細胞周期をセルサイクルといいます。これは14日間くらいといわれていますが
炎症などを起こした皮膚はこの周期が短くなります
  ターンオーバー

表皮の基底層から分裂した細胞はだんだん表面に向かって移動していき、最終的にあかとして捨てられます。この時間をターンオーバーと呼びます。
お肌が健康な状態では40日から50日がターンオーバー時間です。

お肌に刺激があった場合はこのターンオーバーが短くなります。
基底細胞が表面へ移動してく間には細胞内の核や小器官が壊されて処理され無構造な状態で平な角層になるのが正常です。ターンオーバーが短いということは完全な処理ができないことになり不安定な角層になります。平になる広さも足りず乾いた皮膚がカサカサということになります。


 
日焼けについて

基本的に体を有害な紫外線から守るのが日焼けです。
基底層の5パーセントから10パーセントはメラニンを作る細胞です。
このメラニンにより肌の色調が決まります。
メラニンは細胞核が紫外線によって傷つくのを防ぐために働きます。
紫外線が強くなってくると(紫外線の刺激によって)メラニン顆粒が少しずつ分泌をはじめ肌がだんだん黒くなっていきます。これは秋を過ぎる頃白い肌にもどる体の機能です。
だから、急激な日焼けはメラニンの生成が間に合わず紫外線の影響をもろにうける危険な行為です。
メラニンの生成をおさえて美白することも考え方によっては紫外線の予防をするメラニンを生成させない危険な行為かもしれません

 
(サンバーン)
日光皮膚炎といいます。海岸で無防備に直射日光にあたり続けると 水ぶくれができて火傷と同じような状態になります。皮膚科へ行ったほうがいいです。
 
(サンタン)
日焼けの後、メラニンが生成され肌が黒くなっていくことをサンタンといいます。
肌のこわばり、乾燥がおこります。保湿クリームなどでお手入れが必要です。
時間がたてば角層の入れ替わりとともに元の肌色に戻ります。
ただしいつも紫外線にあたっているとメラニン色素が生成され続けるためしみ、そばかすの原因となります。
日本人は白くなりたい 米国ではきれいなサンタンにしたい という欲求があるようです

トップページ
お知らせ
卵黄エキス
ピヨピヨクリーム
●e-mail
Copyrigt(c) 2000